下腿義足: PTBソケット

お勉強記事 義足編 下腿義足

下腿義足のソケットでメジャーなのは下の4つ

  • PTB
  • PTS
  • KBM
  • TSB

体重の支持方法と懸垂の方法にそれぞれ違いがあります。

今回はPTBソケットについてまとめています。

PTBソケットとは?

1959年にカルフォルニア大学生体力学研究所にで教本が制作。

現在も広く普及している体重支持方法を採用しているソケット。

PTBソケットの支持部

出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

体重支持方法

主に膝蓋腱靭帯支持。そのカウンターとして膝下部を抑えている。
断端の耐圧性の高い組織と小さい組織にわけて体重支持を行う。

体重支持可能 : *膝蓋腱靭帯*、前脛骨筋、腓腹筋
除圧部 : 腓骨頭部、内外側ハムストの走路、脛骨稜、脛骨顆部の前面突起部、脛骨粗面

膝関節を軽度屈曲させるアライメントが特徴(初期屈曲角 5°)
これにより断端前面部を多く使っての支持が可能に。
除圧部は陽性モデルを修正する際に、盛り修正を行う。
体重支持可能部位は削り修正を行う。

懸垂方法

自己懸垂機能がないため、他の懸垂方法を利用する。

PTBカフベルトが代表的。
カフベルトの機能

  1. 懸垂
  2. 膝関節の内外側の軽度動揺防止
  3. 膝関節の過伸展防止

座位(膝関節屈曲90°)”に膝下部の圧迫がないことが重要

取り付け位置

MPTレベルより近位10mm〜15mm、ソケット前後系の中心より10~15mmの領域内にとりつける。

制作上の注意点

後面のチャンネル:内側のチャンネルを低くする。
内側ハムストリングスは、(半腱・半膜様筋)の停止部が
外側ハムストリングスの停止部より低いため

まとめ

骨は除圧し、軟部組織は体重支持に利用する。

自己懸垂ができない。PTBカフベルトによる懸垂がメジャー

後面のハムストのチャンネルは内側を低くする。

この記事は義肢装具士国家試験対策に勉強したことを
アウトプットする目的で記事を書いています。
もし間違いがありましたらTwitterに連絡を下さい。
検証し訂正、今後の参考にさせて頂きます。Twitterのアカウントはこちら

タイトルとURLをコピーしました