大腿義足の異常歩行 外転歩行と体幹の側屈

お勉強記事 義足編 大腿義足

ソケットの不適合やアライメントの不良によって異常歩行が生じる。
異常歩行は、一つの異常に対して一つの原因というわけではなく、いくつかの問題が複合しあって出現する。そのため、原因を一つ一つ分解しながら、
何が主な原因なのかを見極めることが重要である。
今回は異常歩行の例とその発生原因を一つ一つ分解しながら紹介する。

外転歩行

外転歩行 股関節を外転させて歩行する。立脚中期に体幹が義足側へ弯曲し、体幹の側屈を伴う場合が多い。会陰部の不快感や義足長が長すぎる場合に出現する。

出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

股関節を外転させて歩行する。立脚中期に体幹が義足側へ弯曲し、体幹の側屈を伴う場合が多い。会陰部の不快感や義足長が長すぎる場合に出現する。

観察

前額面、後方から観察。

原因

  • 会陰部の圧痛または不快感が原因。ソケット内壁上縁が会陰部を突き上げることで、圧痛または不快感を感じる。会陰部への不快感を軽減させるために股関節を外転させて歩く。
  • 義足長が長すぎると、遊脚期につま先が地面に擦ってしまう。これを回避するために、股関節を外転させて歩く。
  • 義足に不安定感があり、安定感を出すために開脚肢位をとるため外転させる。(支持基底面が広がる)
  • 義足の内倒れ(健側にパイプが傾く)
  • ソケット以下がアウトセットしすぎているため、体重をかけると義足が内倒れを起こし、側方に不安定感を感じる。そのため義足側に体重をかけることができない。ソケットのアライメントが不良で、ソケットが過度に内転位にとりつけられている場合も同様の現象を起こす。

対処

義足側に体重をかけて歩行ができるように歩行訓練を行う。
義足の内倒れはアライメントを調整することで対処が可能。
会陰部の不快感は、ソケット内に断端が落ち込むことなどが原因で発生する。ソケットの適合を確認。周径、AP径、ML径などを確認し大き過ぎるようなら調整を行う。

体幹の側屈

立脚中期に体幹が義足側に側屈する。会陰部の不快感や断端外転筋力が不足などが原因で発生する。

出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

立脚中期に体幹が義足側に側屈する。会陰部の不快感や断端外転筋力が不足などが原因で発生する。

観察

前額面、後方からの観察

原因

  • 外転歩行の場合、体幹を側屈させることで、義足側に体重をかけることができるため。
  • 会陰部の不快感。体幹を側屈させ、会陰部周辺に隙間を作り圧迫から逃れるため。
  • 義足立脚中期に外側への不安定感を解消するため。断端の外転筋力不足、ソケット外壁の支持不足によって、ソケットが外転位になると側方に不安定感が生じる。これを解消するために体幹を義足側に側屈して荷重する。
  • 断端外側遠位部に圧痛がある場合。体幹を側屈させ外転筋を緩めて痛みから逃れようとする。

対処

義足側立脚中期に中臀筋(外転筋)を働かせる。またはソケット外壁の支持力を強化し、ソケットが外転位になることを防ぐ。
四辺形ソケットの場合、大腿骨が外転位なりやすく、義足側立脚期の外側への不安定や、断端外側遠位部への痛みが発生しやすい。この問題を解決するために坐骨収納式のソケットが開発された。
→四辺形ソケットの問題点とIRCソケット

この記事は義肢装具士国家試験対策に勉強したことを
アウトプットする目的で記事を書いています。
もし間違いがありましたらTwitterに連絡を下さい。
検証し訂正、今後の参考にさせて頂きます。Twitterのアカウントはこちら

タイトルとURLをコピーしました