IRCソケット各壁の特徴 : 外壁編

お勉強記事 義足編 大腿義足

外壁の主な機能

内側壁と共に側方安定性を高めている。
大腿骨を内転位に保持。
大腿骨遠位端への負担を軽減する。
外壁は大腿骨を内転位に保つために重要な壁。

大腿骨を内転位に保持するために、外壁では
大腿骨の内転角と腸骨大腿骨角が重要となる。

大腿骨の内転角と腸骨大腿骨角

 

出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

大腿骨の内転角

大腿骨頭は立位時は通常内転位である。この時の大腿骨の内転角の平均は下記の通り

男性 9〜11度
女性 11〜13度

この角度をソケット外壁の大転子部より下部で再現する。
ソケット外壁の内転角が不適切な場合、骨ロックがかからず、
内転を制御することができない。

腸骨大腿骨角度

腸骨と大腿骨がなす角度のこと

男性 28~35度
女性 35~42度

大転子よりも上方の適切な腸骨-大腿骨角によって
大腿骨を内転位に保つことができる。

 接触する筋群、骨

  • 大腿筋膜張筋
  • 外側広筋
  • 大臀筋
  • 大転子
  • 大腿骨体

形状

ソケット外壁:矢状面と前額面

大腿骨の形に対応する輪郭。
一般的に大転子から骨端の直上までは平坦。
骨端の直上は凹形状

腸骨-大腿骨角度を保持するため、大転子より上部も平坦になっている。
外側壁の頂点は、通常骨端の上方に位置にする。

ソケット中心線に対して対照とする。

前・後両壁に滑らかにつなげる。

大転子の後方に大臀筋ポケットがある。
下方に向かうにつれて、後壁と外側壁とをつなげてゆく。

高さは通常、ソケット中心線上で大転子の頂点より7.6cm上に位置させる。

臨床上の問題点

骨端部の痛み

  • 大腿骨端の直上での支持が不十分である。
  • 内転角が適切でない。
  • 骨MLが大きすぎる。坐骨が収納されていない。

ソケット近位端での軟部組織のたるみ。

  • 腸骨-大腿骨角度が小さすぎる。
  • 縁部の形状が不適切。

外側上縁部に隙間が生じる。

  • 腸骨-大腿骨角度が大きすぎる。
  • 骨MLが大きすぎる。
  • 骨MLが小さすぎる。
大きすぎると骨ロックが効かず、隙間ができてしまう。
小さすぎても坐骨が収納されず、骨ロックが効かず、隙間があく。

大転子上方での隙間

  • 陽性モデル修正時に、腸骨大腿骨角度のための削り修正が不足

まとめ

外壁は骨ロックを担う重要な壁。

内転角度、腸骨-大腿骨角度、ソケットの形状を用いて、骨ロックを実現する。

外壁の形状、角度が不良だと大腿骨を内転位に保つことができない。

この記事は義肢装具士国家試験対策に勉強したことを
アウトプットする目的で記事を書いています。
もし間違いがありましたらTwitterに連絡を下さい。
検証し訂正、今後の参考にさせて頂きます。Twitterのアカウントはこちら

タイトルとURLをコピーしました