IRCソケット各壁の特徴 : 内壁編

お勉強記事 義足編 大腿義足

内壁の主な機能

坐骨と坐骨枝を収納する
恥骨下枝をソケットから逃がし、負担を軽減
内壁の組織を収納し、内転筋ロールを防ぐ。
長内転筋腱の負担を軽減し、ハムストリングスを適切に収納する。

内壁の形状

IRCソケット内壁の形状
出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

側壁の高さは前壁の高さに対応させ決定する。

Vシェイプ(坐骨枝とソケットの交差)

IRCソケット内壁の形状
出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

恥骨下枝を逃がすためにV型の形状。坐骨枝とソケットが交差する箇所であり、ソケットAP系の中央に位置する。

最深部は坐骨結節レベルから6mm下方。1cm以上下げると内転筋を収納しきれず、内転筋ロールが発生する。

坐骨収納部

坐骨結節、坐骨枝を収納する。
収納部の深さは坐骨結節レベルより約4cmとする。
収納部が深すぎると座位の際、坐骨結節がソケットの縁の上にくる。
坐骨収納部は坐骨枝の角度に合わせ設計する。

坐骨枝角度とは?

坐骨枝角度は進行方向に対する角度。
坐骨体の内側は比較的直線的形状。恥骨下枝のための出口へと繋がっている。

長内転筋のチャンネル

前壁と内転をつなぐコーナーに位置。長内転筋を逃がす。

ソケットの輪郭

内側壁は平坦で、縁部の半径は12mm。
坐骨収納部のフレアは大きく作る。縁部では少なくても水平な形状に。
フレアの形状が小さすぎると、坐骨収納部より上部の組織に圧迫感が生じる。

内壁のトラブル

坐骨が収納できない場合

  • 骨ML、ソケット内周径が小さく断端がソケットに入らない
  • 坐骨が内側の縁部に位置し、収納部の位置とずれている
  • ソケットが内旋。ソケットと断端の向きがあっていないため収納できない。
  • ソケットのAP径が大きすぎる
  • 坐骨を収納する角度が正確ではない。

恥骨下枝への圧迫

  • AP径が大きすぎる。
  • 坐骨結節レベルに対して内側壁が高すぎるため、恥骨下枝とソケットが接触
  • 坐骨の下方の支持が不十分
  • コンプレッション値が大きすぎる
  • 坐骨収納部が過度に前方に遠方。恥骨に接触。
  • ソケットが外旋
  • Vシェイプの形状不良

まとめ

IRCソケット内壁は坐骨と坐骨枝を収納。恥骨下肢をソケットから逃す役割がある。

大腿骨の内転位を保つことや、装着時の快適性を担保する重要な壁である。

Vシェイプ、長内転筋腱のチャンネル、坐骨収納部の角度、形状、高さに不良で重篤なトラブルを引き起こす。

この記事は義肢装具士国家試験対策に勉強したことを
アウトプットする目的で記事を書いています。
もし間違いがありましたらTwitterに連絡を下さい。
検証し訂正、今後の参考にさせて頂きます。Twitterのアカウントはこちら

タイトルとURLをコピーしました