四辺形ソケット各壁の特徴 : 外壁編

お勉強記事 義足編 大腿義足

外壁の主な機能

立脚相に大腿骨の外転の阻止し骨盤の水平を保持させる形状。
体重の支持をする面を与えることも重要。

接触する筋群

坐骨結節直下の四辺形ソケットの形状と筋肉の位置
出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

  • D:大腿筋膜張筋
  • E:大臀筋
  • M:外側広筋

ソケット外壁の高さ

通常の断端ではソケット上縁が大転子中央を通る高さ。
短断端では大転子を包み込むように高くして接触面を大きくし、
外側への安定性・支持性および吸着性を向上させる

外壁は立脚機での大腿骨外転を防ぐ。

側方の安定性を担う壁。

この記事は義肢装具士国家試験対策に勉強したことを
アウトプットする目的で記事を書いています。
もし間違いがありましたらTwitterに連絡を下さい。
検証し訂正、今後の参考にさせて頂きます。Twitterのアカウントはこちら

タイトルとURLをコピーしました