四辺形ソケット各壁の特徴 : 内壁編

お勉強記事 義足編 大腿義足

内壁の主な機能

長内転筋とハムストにゆとりを与え、不快感をとる。
すべての内転筋を収納し内転筋ロールの防止する。
矢状面に平行でソケットの進行方向を表す。
坐骨が内側に移動しないためのカウンター。
外側壁のカウンター。

接触する筋群

坐骨結節直下の四辺形ソケットの形状と筋肉の位置
出展 : 義肢装具のチェックポイント 第8版 日本整形外科学会 (著)

 

  • A:長内転筋
  • F:ハムストリングス
  • G:薄筋
  • H:大内転筋

内壁の高さ

内転筋ロールを収縮できる高さにする。
恥骨を圧迫しない高さ。
内転筋郡の起始を束縛しない高さにする。
坐骨結節レベルより高くなることはない。(1cmまでは下げれる)

内壁の形状

内転筋郡を圧縮し進行平行に平行な平面を作る
内側壁のAP径は内転筋郡を過度に圧迫しないようにし、坐骨結節を支持面に適切な位置に乗せる距離。
ソケット上縁から下方7~10cmは垂直にする。
長内転筋腱とハムストリングスを収容しているチャンネルは下方にいくにしたがって大腿の形状を保ちながら大きくなる。

内側壁はソケットの進行方向を示す重要な壁。

内転筋ロールを防ぎ、恥骨を圧迫しない形状、高さが求められる。

内転筋群を圧迫しないよう、AP径に注意する。

この記事は義肢装具士国家試験対策に勉強したことを
アウトプットする目的で記事を書いています。
もし間違いがありましたらTwitterに連絡を下さい。
検証し訂正、今後の参考にさせて頂きます。Twitterのアカウントはこちら

タイトルとURLをコピーしました